« 口寂しいってやつ | トップページ | コレ、コワイ~(号泣) »

2011年8月28日 (日)

合成洗剤なしでする布おむつの洗濯方法

この記事と当ブログが、以下のサイトにて紹介されました!

家事のスゴ技ブログコーナーに掲載されました。

思いがけず取り上げていただいて嬉しい限り。
この記事は書くのに時間をかけたように記憶しているので…

上記のコーナーには、他にも役立つ情報ののったブログやおもしろいブログがたくさん紹介されています。
興味のある方はぜひ他のブログも読んでみてくださいませ。


************************************


今日はとんでもなく長い時間昼寝しました。
こういう日にがんばって長くなりそうな話を書いてみます。

いずれまとめておきたいと思っていたので、布おむつの洗濯方法について。

布おむつで言われるのが、1にも2にも洗濯。
洗濯に洗剤と水を使ったり漂泊したりしていたら、紙よりエコかどうかわからないじゃんという意見も聞いたことある。
だから、というわけではないですが、私は布おむつの洗濯(&普通の衣類の洗濯)には合成洗剤、漂白剤は使っていません。
洗剤もほとんど使っていません。
こういう方法もあるよってことで、どこかの誰かのご参考になれば。
※以下の洗濯方法は、ポリオ接種後1ヶ月間以外の時です。

おしっこ汚れの下洗い
1. 蓋つきのバケツにお風呂の残り湯を入れて、クエン酸を小さじ2杯くらい溶かしておく。
2. 汚れたおむつが出たらバケツに放り込む。
3. 1日の最後に全部絞る。
4. お風呂の残り湯を汲んで、その中で汚れをもみだすように押し洗いして絞る。

うんち汚れの下洗い(まとめて洗う場合)
1. 蓋つきのバケツにおふろの残り湯を入れて、セスキ炭酸ソーダを小さじ2杯くらい溶かしておく。
2. 汚れたおむつが出たら、うんちの汚れを流水で落とす(可能な限りトイレに流す)
3. バケツに放り込む。
4. 1日の最後に、石鹸と洗濯板を使って、布に残っている汚れを落とす。
5. おふろの残り湯を汲んで、石鹸分を落として絞る。

うんち汚れの下洗い(そのつど洗う場合)
1. 汚れたおむつが出たら、うんちの汚れを流水で落とす(可能な限りトイレに流す)
2. 石鹸と洗濯板を使って布に残っている汚れを落とす。

洗濯機での最終洗い(重曹沸騰水を利用する場合)
1. おむつと他の衣類を一緒に洗濯機に入れる。
2. ランドリークリーンリング(LCR)と重曹沸騰水半カップを入れる。
3. 洗いはおふろの残り湯使用、すすぎ1回の設定で通常通り洗濯機を回す。

洗濯機での最終洗い(セスキ炭酸ソーダを利用する場合)
1. 洗濯機を回す半日前(我が家の場合、朝に回すので夜)に、おむつと他の衣類を一緒に洗濯機に入れる。
2. ランドリークリーンリング(LCR)とセスキ炭酸ソーダ大さじ1~2を入れる。
3. おふろの残り湯を洗濯機に入れてかくはんし、セスキ炭酸ソーダを溶かして数時間(一晩)置いておく。
4. 洗い3分、すすぎ1回の設定で通常通り洗濯機を回す。


我が家で使っているものを解説しておきます。
●クエン酸、セスキ炭酸ソーダ、重曹
クエン酸は、アルカリ性の汚れを落とすのに有効。
セスキ炭酸ソーダは、酸性の汚れを落とすのに有効。重曹よりアルカリ性が高く、水に溶けやすい。
重曹も、酸性の汚れを落とすのに有効ですが、洗剤よりもセスキ炭酸ソーダよりもアルカリ性が低いので、洗濯に使用するのは×。うんち汚れの漬け置きに使うのはOK。

いずれも薬局、ホームセンターや100円ショップのダイソーで売られているのを買っています。
重曹&クエン酸は食品用(食べても安全)のものと、工業用のものがあり、洗濯は工業用で充分。

布おむつを洗うのに重層とかセスキ炭酸ソーダは登場しますが、クエン酸を見つけるのには少し時間がかかりました。
おしっこはアルカリ性、うんちは酸性の汚れなので、使い分けしています。

以前はバケツにセスキ炭酸ソーダを入れて、おしっこ・うんちの区別なくおむつを放り込んでいましたが、長男が成長するにつれて夏場は特に臭う…
重層やセスキ炭酸ソーダは消臭効果があり、本当はおむつの悪臭を消してくれるはずなのですが、これはアルカリ性が強まっておかしなことになっているんでは??と思い、いろいろ調べた結果、トイレの汚れ落としに使われるクエン酸にたどり着きました。
クエン酸までたどり着けたのはつい2~3ヶ月くらい前なのですが、ダイソーでは重層・セスキ炭酸ソーダと並べてクエン酸も売られていて、エコ掃除にはおなじみの面子でした。

クエン酸は酢でも代用できるようですが、お酢は揮発性があってつーんときたり、酸っぱいにおいがしたりするみたい。

ランドリークリーンリング(LCR)
安くても1個5000円くらいするけど、洗濯機に放り込んでおくだけで洗剤が不要になる魔法のリング!!
一度買えば半永久的に使えます!
怪しいもの使っていてスミマセン。

私が参考にしていた布おむつのサイトを運営している方が勧めていたもので、買うのにはかなり迷いました。
が、個人の方がぞうきんの洗濯で水、LCR、洗剤の結果比較をしており、水だけよりもLCRの方が洗剤並みに汚れが落ちていたので、思い切って購入。
長男出産後は、基本的に洗濯には洗剤を使わず、LCRだけでやってきました。
最初はまったく支障なく汚れが落ちていましたが、2年以上使っていると衣替えの時に黄ばみが出ていたり、男性である旦那さんの衣類の汚れ落ちが気になるようになり、現在はセスキ炭酸ソーダまたは重層沸騰水を併用する洗濯方法に落ち着きました。

※詐欺商品として外国で訴訟を起こされていたり、水だけと変わらないと言われたりもしています。
 理屈がとても怪しいので、我が家ではかくはん力を高めて汚れを落としてくれていると解釈しています。
 洗剤ほどには落としてくれませんが、水だけよりも悪いということはなく、普段はこれだけで大丈夫でした。

●重層沸騰水
1リットルの水を沸かし、60~70gの重曹を溶かして冷ましたもの。
重曹はそのようにすると反応が起こって、炭酸ソーダという別の物質に変化するそうです。
で、これが重曹よりもセスキ炭酸ソーダよりも、油汚れに強いようです。
これも使い始めたのは最近なので長く使ってみないとわかりませんが、上のLCRよりも化学的に根拠のあるものでございますー。

ちなみに、アルミ製の鍋・やかんでは作れません。
また、沸騰したお湯に重曹を入れると、ぶわぶわっと反応が起きて泡が湧き上がるので、鍋・やかんいっぱいに作ろうとするのは危険です。

洗濯におふろの残り湯は雑菌が気になって嫌とか、洗剤なしなんて汚れも臭いも残りそう、などご意見あると思います。
私としては、殺菌と消臭は太陽のお仕事と思って毎日やってます。
雨の日には臭いが気になることもありますが、雨でもそういうことはめったにありません。
おむつの汚れは下洗いしていることもあってか問題ありません。
けっこうこれでいけるので、フィーリングの合いそうな方はお試しください。

あと、重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸とそろえておくと、家の中のいろいろな場所につかえてとても便利です。
新居にはお風呂用洗剤、トイレ用洗剤、住宅用洗剤は置かずにやってます。
今後、もう少し合成洗剤を減らしていきたいです。

|

« 口寂しいってやつ | トップページ | コレ、コワイ~(号泣) »

育児」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
いきなりのコメントで失礼いたします。

私はインターネットでの経営サポートをしているインターロジックの竹中と申します。
当社は中小企業の方々のネット戦略をあらゆる角度でサポートしております。
そのひとつに「ブロリレ」というサービスがございます。

ブログリレーションとは、サイト訪問者にとって魅力あるブログ記事を、
サイトのコンテンツであるブログコミュニティにお借りし、
そのお礼として、アマゾンギフト券を贈らせていただくシステムです。
(現在の記事を転用させていただきますので、新たに記事を書いていただくなどのお手間は発生いたしません。)

昨年の8月に書かれた「合成洗剤なしでする布おむつの洗濯方法」
という記事をブログリレーションというWeb上のサービスでご紹介させていただきたく、コンタクトさせていただきました。

対象となるサイトは、昨年7月末にリニューアルしました「大野屋クリーニングセンター」という、
広島にあるクリーニング店のサイトです。
http://www.hiroshima-cleaning.com/
掲載させて頂くのは、こちらのサイト内の「家事のスゴ技ブログ」になります。

こちらにブロガーさんの記事を掲載させて頂き、お洗濯・家事・育児などの情報をお届けしたいと思っています。
成長中のサイトを盛り上げる為、ぜひご協力頂けないでしょうか?

詳細については改めてご案内させていただきますので、ご興味を持っていただけましたら、お手数ですが次の連絡先までご連絡ください。

E-Mail: info@blog-relation.com

ご連絡をお待ちしております。

運営会社 株式会社インターロジック
⇒ http://www.interlogic.jp

投稿: ブロリレ事務局 | 2012年3月12日 (月) 20:17

コメントありがとうございます。
検討して近日中にご連絡させていただきます。

投稿: けい | 2012年3月13日 (火) 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 合成洗剤なしでする布おむつの洗濯方法:

« 口寂しいってやつ | トップページ | コレ、コワイ~(号泣) »